salta menù

Home page

Italiano English Français Español Deutsche Νεοελληνική Português Nederlands Dansk Polski Română Russkiĭ عريي  中文版本 日本語 

Facebook Twitter 

Sistema dei Parchi del Lazio

.  Home  .  Ente Parco  .  Servizi  .  News  .  Ambiente e Territorio  .  Vivere il Parco  .  Foto e Video  .

 Cerca nel sito Mappa del sito

  パルコ・ヴァッレ・デル・トゥレヤ (Parco Valle del Treja)


Per una corretta visualizzazione del testo, il browser deve supportare le lingue asiatiche.


1982年設立の州立公園パルコ・ヴァッレ・デル・トゥレヤ (Parco Valle del Treja)は、650ヘクタールの面積を持ち、テヴェレ川の支流であるトゥレヤ川の中に位置している。 州立公園内にはマッザーノ・ロマーノ(Mazzano Romano)や、カルカタ(Calcata)といった、小さな町や村がある。 この公園領域の特徴は、フォッラ(forra)にある。フォッラというのは、険しい峡谷のことである。川の流れによって火山岩が掘られた垂直の壁の景色によって特徴づけられ、農耕地はゆるやかな丘によって囲まれている。

川沿いには多くの大小の滝があり、思わずその絶景に目を奪われる。一例として、滝の下に古い水車小屋があるモンテジェラート(Montegelato)滝などがあげられる。 また、面積の大部分は、森林が占めており、そのほとんど全てが国有林だ。 森には、様々な種類の木がある。カシの林があり、さらにトルコオークやカエデ、シデの林、そしてハシバミの林などがある。 湿地を好むヤナギやポプラやハンノキなどは川縁に、一方、フォッラ(forra)のまわりには暑い気候を好むトキワガシやエノキなどの植物が生息している。

公園の中心部には、重要な考古学的地域がある。この地域での最も古い考古学的発掘は、青銅時代(西暦紀元前1440年~1200年)にさかのぼる。 ネクロポリスには多くの墓地が広い面積にわたっていたため、興味深く、重要な町の存在の証となった。 また、ナルチェ(Narce)の丘麓では、最も古い町が発見された。 公園内のネクロポリス全域からの大量の考古学的発掘により、当時の活発な文明が証言されている。 現在では、19世紀の末から20世紀の初めまでに発見されたものは、チヴィタ・カステラーナ(Civita Castellana)の考古学博物館と、ローマの国立ヴィラ・ジュリア(Villa Giulia)博物館に展示されている。

現在、この公園では、古代の墓、輸送とコミュニケーションのための道、そして地下水道の遺跡を見ることができる。また、チヴィタ・カステラーナ(Civita Castellana)という古代の町を守った城壁も見られる。チヴィタ・カステラーナ(Civita Castellana)は、ファリシ(Falisci)の人々の首都として有名な地方だ。 リー・サンティ(Li Santi)山麓において、トゥレヤ川の右岸近辺では、女性多産のための記念建築物の遺跡を見ることができるだろう。 パルコ・ヴァッレ・デル・トゥレヤ (Parco Valle del Treja)は、一年を通して訪れることができる。 川の流れに沿った小路は、多くの水車と滝により、特筆すべき美しい風景を連ねて環境の象徴となっており、そこには稀有な美しい景観と凝縮された豊さがある。

小さな町、マッザーノ・ロマーノ(Mazzano Romano)や、カルカタ(Calcata)は、その古く狭い路と特別な眺望により、称賛に値する特徴的な存在である。












Traduzione di
Eleonora Archinard